タウリンを含む食品と調理方法

タウリンを含む食品と調理方法

タウリンは、肝臓をサポートすることで知られている成分です。

タウリンが配合されているドリンクなどは、日常でお酒を飲むことの多い方から需要の高いものですが、タウリンは、もともと体内に存在している成分であり、肝臓をサポートするだけではなく、体内で大切な働きをに担っています。

血圧のコントロールや脂質の分解など、数え切れないほど様々な働きに関係しています。タウリンを含む食品は数多くありますが、牛肉や鶏肉や豚肉などの肉類には、ごく僅かしか含まれていません。タウリンは魚介類に豊富に含まれていると言われていますが、ここでは、タウリンを含む食品と、こうした食品を毎日の中に上手に取り入れるための、調理法について見ていきたいと思います。

・魚類

タウリンが多く含まれている食品と、含まれているタウリンの量は、真ダコ約1670・やりいか約700・カツオ約830・真アジ約230・サバ約170となっています。

・貝類

タウリンが多く含まれている食品と、含まれているタウリンの量は、サザエ約1500・牡蠣約1180・はまぐり約550・アサリ約420となっています。

 

・魚類の調理方法

タウリンを含む食品と調理方法

魚類の中でも、タウリンを豊富に含んでいる真ダコは、簡単に調理できる食品のひとつです。ここでは、簡単に出来る真ダコのカルパッチョの調理方法をご紹介したいと思います。

 

①材料・下処理済みの吸盤のついた真ダコ・トマト・ニンニク・オリーブオイル・醤油・レモン汁。真ダコは食べやすい大きさに切っておきます。トマトは薄めの輪切りにしておきます。

②次にフライパンにオリーブオイルをしいて、ニンニクを炒めます。ニンニクを良く炒めたら、醤油に炒めたニンニクを入れて、オリーブオイルとレモン汁を混ぜて、ソースを作ります。

③お皿に真ダコとトマトを並べたら、ソースをかけて出来上がりです。

・貝類の調理方法

貝類の中でも、タウリンを豊富に含んでいるサザエで、シンプルな料理を作ってみましょう。ここでは、簡単に出来るサザエのつぼ焼きの調理方法をご紹介したいと思います。

①材料・サザエ・ネギ・醤油・酒・ニンニク・レモン汁・バター。まず、サザエをオーブントースターで焼きます。

②サザエが煮えてきたら、醤油と酒とニンニクとレモン汁をサザエに入れます。さらに焼き続けて約2分ほどしたら、バターとネギを入れて出来上がりです。

タウリンを含む食品を毎日の食事の中に取り入れて、楽しみながら健康維持をしていきたいですね。