タウリンと肝臓病対策

タウリンと肝臓病対策

お酒を飲む前や、お酒を飲んだ後に、タウリン配合の栄養ドリンクなどを飲む方が多くいらっしゃいます。タウリンは、体内に存在するアミノ酸の一種で、肝臓の働きに関与しているだけではなく、筋肉などの働きにも深く関わっています。

ここでは、タウリンと肝臓病対策について、見ていきたいと思います。

・肝臓の負担を軽減する

肝臓の負担を軽減する

様々な実験により、タウリンが肝臓に良いことが立証されているのだそうです。

お酒を飲んだ時、体内に入ったアルコールは、一度、肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。それから、酵素によって再び分解された後、身体に吸収されます。

肝臓がアルコールを分解する時、肝臓の働きにかなりの負担が掛かっているのだそうです。肝臓でうまくアルコールが分解されなかった場合、二日酔いなどの症状が現れます。しかし、体内のタウリンが十分な量で肝臓の働きを促している場合、分解に必要な酵素の働きをサポートすることが出来ます。

このようなことから、タウリンは、肝臓の負担を軽減すると言われています。毎日の中で、お酒を飲む機会が多い場合、お酒を飲む前にタウリンを飲むと、肝臓がアルコールを分解する働きを助けます。

・肝臓の機能を助ける

肝臓は、身体の中の化学工場とも呼ばれており、腸が吸収した栄養素を代謝したり、胆汁の分泌や解毒などの大切な働きを担っています。

タウリンには、胆汁酸の分泌を活発に促す作用があるため、肝臓の働きを助けると言われています。さらに、タウリンは、肝臓が持っている解毒機能をサポートする働きもあると言われています。肝臓は、アルコールに限らず、身体に取り入れた様々な食べ物や薬などの分解を、すべて行っているため、常に働いている状態です。毎日の中で、タウリンを継続的に取ることで、肝臓をサポートすることが出来ます。

 

タウリンが、体内で身体の働きを十分にサポートするには、毎日の中で、必要な量のタウリンを身体に取り入れることが大切です。食事などでは、必要な量のタウリンを補えない場合には、サプリメントなどの健康食品から取り入れるというのもひとつの方法です。